トップリーダーの成功ノウハウを大公開

ネットワークビジネスの体験談はなぜネガティブなのか?成功者だけが知っている5つの理由

金城富雄
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

インターネットで「ネットワークビジネス 体験談」と言うキーワードで検索してみました。すると検索結果の上位に表示されているページの内容のほとんどが、ネットワークビジネスに対してネガティブな内容でした。

 

ネガティブな内容のパターンはこんな感じです。従来のやり方や既存のネットワークビジネス会社を否定して、楽に簡単に儲かるネットワークビジネスへ勧誘する流れ。または、アクセス数を増やして広告収入を得ようという流れになっています。

 

「ネットワークビジネス 体験談」というキーワードで検索してくる人の意図を考えると、知りたい事が書いてあるとは思えません。そこで今回は、私が今までに3回ネットワークビジネスを経験してきた中での体験談をお話したいと思います。

 

なぜネットワークビジネスの体験談はネガティブが多いのか?

グーグルやヤフーで「ネットワークビジネス 体験談」というキーワードで検索してみます。上位に表示されたページを20ほど読んでみました。驚いたことに、そのほとんどがネットワークビジネスに対してネガティブな内容だったのです。

 

なぜ、ネットワークビジネスの体験談はネガティブが多いのでしょうか?20ほど読んでみて、あることに気が付きました。記事の内容にはパターンが2つあります。

 

1つ目のパターンは、ネットワークビジネスに勧誘されたことをネガティブな内容で面白おかしく書いています。そして、ページ本文にグーグルの広告「リターゲティング広告」や「アドセンス広告」を設置してアフィリエイト報酬を得ることを狙っています。

 

2つ目のパターンは、ネットワークビジネスをやっているけどうまくいっていない人向けに書いているのでしょうか、従来のネットワークビジネスのやり方ではうまくいかない。ということから始まって、もっと楽に稼げるネットワークビジネスがあると自分のネットワークビジネスに勧誘する流れです。

 

この2つのパターンの共通点は、過激なタイトルで読み手の興味を惹きつけます。読み手の興味を惹きつけてクリックしてもらい、ページに誘導したいからです。ページに誘導できれば、その先の自分の利益につながる流れなのです。

 

ここでの問題は、果たしてその体験談は本当の話なのか?ということです。これはかなり疑問を感じます。なぜなら、アフィリトの広告収入が目的のブログは、自分で記事を書いていない場合が多いからです。

 

フリーランスたちが仕事の依頼、受注ができるサイト「ランラーズ」を見ていると「○○のテーマで1記事1000円」と言うように記事を書いてくれるライターさんの募集がたくさんあります。仕事の依頼主のほとんどは、パターン1の広告収入を稼ごうとしているブログ運営者なのです。

 

そして、パターン1に出てくるサイト=ブログを見てみると、テーマはネットワークビジネスに特化したブログではありません。様々なジャンルのテーマを扱い、より多くの人の興味を惹きつけるような記事を書いているようです。

 

つまり、ネットワークビジネスの体験談と言っても、ライターさんに依頼して書いてもらった記事の可能性が高いというわけです。そのような記事をいくら読んでも、本当のネットワークビジネスの体験談はわかりません。

 

このような記事の目的は、過激なタイトルで記事を読ませて、ネガティブな内容でネットワークビジネスの興味を無くさせて、他の事を勧誘する。そしてページ運営者は利益が得られる。こんな流れだからです。

 

ネットワークビジネスの体験談 良いところ

私がネットワークビジネスを十数年やってきた中での体験談で、ネットワークビジネスの良いところと悪いところをお話していきます。まずは良かったと思えるところです。

 

自信を取り戻した

私は元々どちらかと言うと消極的で地味なサラリーマンだったんです。ところがネットワークビジネスを始めて大きく変わりました。ネットワークビジネスは口コミのビジネスなので、自分から積極的に行動していかなければビジネス活動ができません。アポ取りにしても、アプローチにしても、自ら動き出さなければ、ただ待っているだけではビジネスにならないのです。

 

後にネットワークビジネスに興味がある人からアプローチしてもらう方法を考えますが、それでも、それらを実現するための仕組みづくりなど、積極的に行動しなければならない事も多いのです。

 

もちろん「昨日まで消極的だった人間が、いきなり今日から積極的!」と言う風に、簡単に変わるわけではありませんが、ネットワークビジネスで成功するために、いろいろ行動していく中で、すこしずつ変わってきたようです。以前の私を知っている人と久しぶりに会うと「変わった。明るくなった。」と必ず言われます。以前の私をどう思っていたのかは、あえて聞きませんが(笑) 正直、とてもうれしいです。

 

人前で話ができるようになった

私は元々人前で話をすることが苦手でした。人前に立つと、緊張して脚が震えてきます。ところがネットワークビジネスで成果が出てくると、なぜか人前で話をする機会が増えていくのです。収入が増えれば増えるほど話す機会もどんどん増えていくようです。最終的に私は、自分のグループのセミナーでスピーカー役やトレーニングで講師役をやっていました。

 

人前で話をすることが最初から出来たわけではありません。回数を重ねていくごとにだんだんと話せるようになってきました。最初のうちは「いつになったら慣れるのかな?」と自分でも心配になるほど緊張していましたが、徐々に人前に立っても緊張しないようになりました。それから話の内容にこだわり、さらに余裕が出てきて、視線の使い方や間の取り方など、プレゼンテーションスキルを高めていったのです。

 

ここで言えることは、とにかく回数をこなして場に慣れること。それだけなのです。そうすれば、必ず誰でもできるようになるはずです。あなたがもし人前で話をするのが苦手で、でも上手に話せるようになりたい。と思っているのであれば、わたしが断言します。「あなたもできます!」

 

友達が増えた

私は消極的な性格だったせいか友達が少なかったんです。3回目のネットワークビジネスを始めた時は、過去2回のネットワークビジネス挫折経験で、少ない友達は全て当たって断られていました。

 

3回目のネットワークビジネスでは、知らない人と知り合って友達を増やさなくてはなりません。リアルでもネットでも、新しく友達を作る様々な方法を試してみました。必然的に友達づくりの達人になることができました。

 

 

結果的に、ネットワークビジネスのお誘いをしなかった相手でも、気が合う人であればその後友達としてのお付き合いをしています。

 

時間管理スキルが高くなった

ネットワークビジネスを始めると、時間管理のスキルが必要になります。例えば本業を続けながれであれば副業としてネットワークビジネスを取り組むので時間が無い中で上手にやりくりしなくてはなりません。

 

ネットワークビジネスは事業主ですから、自分で計画を立てて行動しなければなりません。管理してくれる上司やタイムカードはありません。ですから、自分で計画を立てて効率よく行動するための時間管理スキルと手帳などのツールが必要なのです。

 

私の場合は、フランクリンプランナーが大好きでずっと使っていました。現在は、スマホのカレンダーとアプリで管理していますので使っていません。

 

コミュニケーションスキルが高くなった

ネットワークビジネスは口コミのビジネスです。いくら上手に相手からアプローチする仕組みを作ったとしても、こちらからコミュニケーションを取らなければネットワークビジネスをお誘いすることはできません。

 

ネットワークビジネスに対してネガティブなイメージを持っている人は多いです。そのような人たちに興味を持ってもらうには、高度なコミュニケーションスキルを身に付ける必要があります。私たちのグループでは定期的にそれらのコミュケーションスキルを身に付けるためのトレーニングを開催しています。

 

高度なコミュニケーションスキルと言っても、練習方法さえ間違えなければ誰もが身に付けることができるスキルです。私は消極的だったので、人とコミュニケーションを取ることが苦手でした。その私でも身に付けることができたので、誰もが身に付けることができると思います。

 

マーケティングスキルが身に付いた

私は3回目のネットワークビジネスを始めた時は伝える相手はほとんどいませんでした。新しく知り合って友達を作るコールドアプローチを中心にやっていくしかありません。リアルでもネットでも考えられる方法をいろいろと試してみました。

 

一番効果的で結果が速いのはインターネットの活用です。インターネットを上手に活用するには、インターネットのマーケティングを学び身に付ける必要があります。インターネットのマーケティングは、かなり早いスピードで変わっていきます。そのスピードに遅れないように新しい情報に耳を傾けて最新のマーケィングを取り入れることがポイントです。

 

時間の自由ができた

ネットワークビジネスを始めてから4年か5年を過ぎたあたりから、少しずつ自由な時間ができるようになりました。現在では、ネットワークビジネスはほぼ引退しています。ネットワークビジネスの活動は、1ヶ月に1日しかやっていません。

 

まさかこれほどまでに時間の自由を手に入れることができるとは思っていませんでした。毎日、朝からやりたい事をして過ごしています。

 

お金の心配がなくなった

私は、3回目のネットワークビジネスを始めて、2、3年目には月収200万円を超えていました。本来私はあまり浪費をしないので貯金もどんどん貯まっていきました。

 

驚いたのは、ある年の元旦に大手銀行の頭取から年賀状が届いたことです。プライベートバンクの専用カードも頂きました。マンションも先日2つ目を現金で購入することができました。

 

私は、子どもの頃に経済的に余裕がない家庭で育ちました。自分の家の冷蔵庫に入っていたものを食べて、親に「どろぼう」と言われたこともあり、子供ながらにひどく傷ついたことを覚えています。ですから、今のお金の心配がない生活がとても快適に感じます。

 

ネットワークビジネスの体験談 悪いところ

 

最初は収入が低い

ネットワークビジネスで得られる収入は可能性が大きいです。サラリーマンではとうてい得ることができないほどの高額な収入を得ることも可能です。収入の可能性は大きいですが、最初から大きい収入が得られるわけではありません。

 

高額な収入を得るには、それなりに時間がかかります。自分からスタートするグループの大きさや流通ボリュームに応じて収入が上がります。私の場合も、3回目のネットワークビジネスで成功したわけですが、1ヶ月目の収入は7000円でした。2ヶ月目の収入は28000円、3ヶ月目の収入は約80000円、4ヶ月目の収入は約24万円・・・と言うように少しずつ増えていきました。

 

最初のうちは、行動の量の割には収入が少ないです。しかもこの時期はネットワークビジネスに慣れていないので断られる確率も高くなりますこの時期を乗り越えることがネットワークビジネス成功の第一歩かもしれません。

 

最初は忙しい

どんなビジネスもそうなのですが、起業してから軌道に乗るまでの期間はやることが多くてとても忙しいです。ネットワークビジネスも同じです。

 

私の場合、ビジネスをスタートしてから軌道に乗るまでの3年間くらいは休みなしで行動していました。今でこそ、自由な時間を満喫していますが、ビジネスをスタートした当初は本当に忙しくて大変でした。

 

このビジネススタート時期にがむしゃらに行動することによって近い将来に理想のライフスタイルを手に入れることができるのです。でも最初はとにかく忙しいです。

 

断られる

残念ながらネットワークビジネスは断られます。それもたくさん断られます。断られると最初はへこみます。連続で断られると、へこんで立ち直れなくなりネットワークビジネスを辞めて行く人が後を絶ちません。

 

私の場合もたくさん断られました。それでもあきらめなったんです。どうしたら断られないでビジネスを拡大していくことができるか?いろいろと考えて試してみました。なるべく断られない方法を見つけました

 

それでも断られます。どんな伝え方をしても一定の確率で断ってくる人はいます。断られるということに対しての解釈を変える必要があります。例えば、断られると言うのは相手のタイミングがあっていなかったと解釈するとか。すると、自分が否定されている訳ではないと思えるようになります。

 

このように断られることに対する解釈を変えることも断られることを乗り越える方法の1つなのです。

 

仲間の裏切り

私が3回目のネットワークビジネスをスタートして十数年経ちます。この間で仲間に裏切られた経験が2回あります。裏切られたと言う言葉は適切ではありません。分かり易く言うと、グループの3分の1の人たちがごっそり違うネットワークビジネスに移ってしました。

 

この事件が起きた時に、もの凄く怒りを感じました。ところがなぜ、3分の1もの人たちが私のグループから去って行ったのか?その理由を考えました。考えて分かった事は、やはり私が原因だったということです。

 

私は、独りよがりのリーダーだったのです。そこで私は、どうしたらグループに参加したダウンラインの人たちに「このグループに入って良かった」と感じてもらえるか、そのためにどのようなグループ環境が必要かを考えました。

 

私がネットワークビジネスをやっていて良かったことでも書きましたが、自分の自信を取り戻した。とか、スキルアップできた。などがあります。そこで、私はグループのトレーニングを日本一のレベルにするためにトレーニングの内容を整備してバージョンアップしました。

 

トレーニングを日本一のレベルに引き上げることによって、グループに参加したダウンラインの人たちがドンドン成果を出すことができるようになりました。それと同時にグループが急拡大していったのです。元々は、仲間の裏切りがきっかけだったのですが、私自身やグループの良くない部分を改善するきっかけになったのです。

 

社会的に認められない事もある

ネットワークビジネスは残念ながら社会的に認められない部分も多いビジネスだと思います。これは、私がネットワークビジネスで成功した後に、他のビジネスを始めて感じました。

 

例えば、インターネットのビジネスをやる時に、ネットの広告でネットワークビジネス関連の広告は拒絶されます。情報商材販売でも、大手決済代行会社では、ネットワークビジネス関連の商材の販売は禁止されています。

 

想像以上にネットワークビジネスは社会的に認められていません。しかし、この状況をプラス思考で考えれると、まだ社会的に認められてない発展途上だからこそ、チャンスが多く存在するのです。

 

まとめ

・ネットワークビジネスの体験談にネガティブな内容が多い理由は、ブログ運営者が自分の利益を得たいから。

・ネットワークビジネスの体験談で良いところは、自信を取りも出せた。人前で話ができるようになった。友達が増えた。時間管理スキルが高くなった。コミュニケーションスキルが高くなった。マーケティングスキルが身に付いた。時間の自由ができた。お金の心配がなくなった。

・ネットワークビジネスの体験談で悪いところは、最初の収入が低い。最初は忙しい。断られる。仲間の裏切り。社会的な立場。

 

【無料マニュアル】
【保存版】ネットワークビジネスの教科書(93ページ)
人脈ゼロ経験なしでも1年6ヶ月で月収100万を得た方法



もし、あなたが今ネットワークビジネスで伸び悩んでいましたらこのマニュアルをお読みください。なぜならこのマニュアルには、

  • 毎月10人以上をスポンサーする方法
  • 月収100万円を継続的に得た方法
  • リストアップを無限に増やす方法
  • ビジネスがやりたいと言われる伝え方
  • インターネット・SNSの集客方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページでわかりやすく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ネットワークビジネス成功者の告白 , 2016 All Rights Reserved.