ネットワークビジネスで友達をなくさないための勧誘のやリ方と解決方法3つ

ネットワークビジネスを友達に伝えた時に、思うように上手くいかないと悩んだことはありませんか?

 

「いつか成功しよう」と熱く語り合ったことがある仲の良い親友だったから「この人だったら絶対に一緒にやるだろう」と思い伝えたけれども、相手の反応は冷ややかで断られてしまった。相手によっては「そんなことは止めたほうが良い」と猛反対する友達も出てきます。

 

なぜ、一緒に夢を叶えようと思い一緒に取り組みたい友に、ネットワークビジネスを誘うと断られのか?

 

今回はネットワークビジネスと友達について、私の十数年の経験で分かった事をお話したいと思います。

 

ネットワークビジネスを友達に誘った結果どうなった?

ネットワークビジネスで友達と一緒に成功したいと、その想いを伝えます。でも、伝えれば伝えるほどに断られてしまう

 

ネットワークビジネスって本当は友達に伝えてはいけないのではないか?アップラインの教え通り、リストアップしてリストに出てきた友達に伝えていくと言うやり方は本当に正しいのか疑問を感じてしまう。

 

あなたのお気持ちは痛いほどわかります

 

なぜなら、私が過去ネットワークビジネスを2度ほど挫折した時のことを思い出してみると、アップラインに教えてもらった通りにリストアップをしてリストの友達に順番に会って伝えました。結果は、ほとんど断られました。

 

具体的な結果は、友達38人に伝えて「こんなビジネスを探していたんだ!」とすぐにネットワークビジネスを始めた友達が1人。「まずは製品を試してみると」オススメの製品を買ってくれた友達が2人でした。

 

この確率はかなり厳しいです。このままこのビジネスを続けていって本当に成功なんてできるのか?と不安に思ってしまう散々な結果です。

 

そして、さらに厳しい現実が待っていました。自営業をやっている友達に、きっと興味を持つだろうと伝えたところ、快く思わなかったようです。

 

その場はなにも言わず帰りましたが、その後共通の友達全員に「あいつが変なことを始めたから気をつけろ」などと言われてしまったようで、共通の友達の輪に入れなくなってしまいました

 

結局、私はその後1ヶ月くらいで挫折してビジネスを辞めてしまったのです。

 

ネットワークビジネスを伝えた後の断りの理由は本当ではない

私は、ネットワークビジネスを友達の伝えた結果、ほとんどの友達に断られました。

 

確率で言うと、38人に伝えて、3人が理解してくれました。38分の3ですから、約7.9%です。これはかなり良いほうで、実際にはもっと低い確率かもしれません。

 

なぜ、こんなにも確率が低いのか?私はネットワークビジネスに対して、何も抵抗がありませんでした。私だけが違っているのか?なぜ、ネットワークビジネスを伝えた友達が断ったか?考えてみました。

 

断った友達の理由は様々です。

 

「お金がない」

「時間がない」「忙しい」

「友達がいない」

「伝える自信がない」

 

よくありがちな断る理由です。さて、これらの断る理由は本当でしょうか?

 

私は、これらは本当の理由ではないと思いました。なぜなら、私たちネットワークビジネスをやっている側から見ると、これらの断りの理由は全て「やる理由」になるからです。

 

お金がないからネットワークビジネスをやる。

時間がないからネットワークビジネスをやる。

友達がいないからネットワークビジネスをやる。

伝える自信がないから、スキルアップのためにネットワークビジネスをやる。

 

と、このように断る理由をやる理由に変えることができます。ネットワークビジネスをやっているあなたなら、こう変える意味がよく理解できると思います。

 

では、ネットワークビジネスを断る友達の本当の理由は何でしょうか?

 

本当の理由は、主に以下の3つです。

 

「ネットワークビジネスが嫌い」

「あなたが嫌い」

「あなたの誘い方が嫌い」

 

これらの本当の断る理由を全て解決しないと、ネットワークビジネスは友達に伝わりません。うまくいかないのです。

 

ネットワークビジネスで友達をなくさないための勧誘のやり方とは?

では、どのようにしたら本当の断る理由を解決して、ネットワークビジネスを友達に伝えることができるのでしょうか?

 

ネットワークビジネスで友達をなくさないための勧誘のやり方をお話します。

 

「ネットワークビジネスが嫌い」を解決する

ネットワークビジネスが嫌いな場合の対処方法をお話します。

 

私たちは、ネットワークビジネスが合法でまともなビジネスと言うことを知っています。それは実際にネットワークビジネスをやっていて、ネットワークビジネスに対して詳しくなっているからです。

 

ところが、世の中のほとんどの人はネットワークビジネスをやったことがありません。やったことがないのでネットワークビジネスについて詳しく知りません。詳しく知らないので、ネットワークビジネスのことをネズミ講や悪徳マルチ商法と同じ物として見ています。

 

これら3つが口コミで情報が広がる物として似ているからです。口コミで広がる物について詳しくないから区別できないのです。これは仕方ないことです。

 

ネットワークビジネスについてのイメージはどうやってできるのか?これは物事のイメージがどうやってできるか考えれば分かります。それは、その人が過去に見たもの、聞いたもの、経験したものによってイメージが出来上がります。

 

過去に、雑誌やテレビでネットワークビジネスの悪いニュースや記事を見た事がある人は、ネットワークビジネスのことをあまり良くないイメージを持ってしまうかもしれません。

 

過去に、親戚がネットワークビジネスをやっていてい膨大な借金をして大変な想いをしているのを見ていれば、ネットワークビジネスをすると大変なことになると言うイメージを持ってしまうかもしれません。

 

このように、ネットワークビジネスについてのネガティブなイメージを持っている人に伝える場合は、その人のネガティブなイメージを取り除かなくてはなりません

 

ネガティブなイメージを取り除く方法は、相手の価値観を変化させるコミュニケーションやプレゼンテーションです。これらについては、別の機会で詳しくお話したいと思います。

 

 

「あなたが嫌い」を解決する

ネットワークビジネスを断る理由に「あなたが嫌い」という理由があります。

 

この断る理由はやっかいです。なぜなら、相手は断る理由で「あなたが嫌いだから」と言わないからです。私たち人間は無意識レベルで相手から嫌われたくないという想いがあります。だから「あなたが嫌い」とはっきり言うと、自分も嫌われるという想いから言えないのです。

 

ネットワークビジネスを断られた時に考えて欲しいのが、相手との人間関係において不義理なことをしてこなかったか?自分の都合の良い時だけ誘ったり、お願いしたりしていなかったのかと自分の過去の行動や言動を振り返ってみてください

 

私の場合は、ネットワークビジネスを伝える時だけに久しぶりに連絡を取っていた友達もいました。これは反省させられました。自分の都合の良い時だけ連絡を取ってくるような人間と一緒にビジネスなんてできませんよね。

 

私はその事に気づいてから、行動を変えました。ネットワークビジネスを伝える前に、相手との人間関係を回復することにしました。

 

相手が私を認めてくれてからネットワークビジネスを伝えました。遠回りに見えますが、結果的に成果を出すことができました。

 

「あなたの誘い方が嫌い」を解決する

私は立場的に、いろいろなネットワークビジネスをやっている方の相談に乗ることがあります。

 

ネットワークビジネス活動の悩み事などの相談に乗っていて、驚く事があります。それは未だに「ネットワークビジネスと言わないで誘っています」と言う事です。

 

詳しく話を聞いてみると、アップラインからの教えで「ネットワークビジネスと言わないで連れてきなさい」とのことなのです。

 

これは誘われた側の立場に立てば、良くない誘い方ということが分かります。あなたも考えてみてください。「起業で凄くためになるセミナーがあるから一緒に参加しよう」「参加費は500円だよ」と言われれば、将来独立を目指していれば興味を持ちます。

 

実際に参加してみたら、ネットワークビジネスの事業説明会だった。「だったら最初に言ってよ」「2時間と交通費と参加費が無駄になったじゃない」と思うかもしれません。

 

ネットワークビジネスと言わないのは騙し打ちで不誠実です。法律でも禁止されています。解決するには、「ネットワークビジネスのお誘いです」と言って誘いましょう

 

ここで問題があります。

 

ネットワークビジネスと言って誘うと、ほとんど来てもらえないという心配です。これを解決するには、「ネットワークビジネスのお誘いです」と言って、最初は相手もイメージが悪いと言っていたけど、最終的にそれだった興味あるから聞きたい」と言ってもらえるようなコミュニケーションの取り方がポイントです。

 

このコミュニケーションの取り方は、別の機会で詳しくお話させていただきます。

 

ネットワークビジネスで友達をなくさない勧誘方法はインターネットの活用

ネットワークビジネスで友達をなくさないための勧誘方法は、友達を誘わないことです。

 

友達を誘わないで、誰を誘うのか?

 

新しく人と知り合って友達になって、その新しい友達を誘います。新しく人と知り合うには、インターネットを使って知り合うとスピーディに出会えます。

 

私は、ネットワークビジネスを過去2回も挫折しました。過去の2回でリストアップの友達や知人に伝えてしまったので、3回目では伝える相手がほとんどいませんでした、

 

ですから、3回目のネットワークビジネスの時には最初から新しく人と知り合う事をやっていました。あらゆる方法で新しく人と知り合い友達を作ってきました。

 

新しく友達を作るためのコツや方法を見つけ出しました。自分で言うのは何ですが、新しい友達を作る達人になれたと思います。

 

リアルな場でも新しい友達づくりの活動をやってきましたが、やはりインターネットを使った新しい友達づくりのほうが圧倒的に早くたくさん友達を作れることがわかりました。

 

リアルは自分一人で活動するのに対して、インターネットのホームページやブログを作れば、24時間365日休みなく稼働してくれているからです。

 

注意しなくてはならないのは法律です。ネットワークビジネスは、特商法や訪問販売法などの法律で厳しくルールが決まっています。ルールを守って活動することがとても大切です。

 

ネットワークビジネスのインターネット活用のやり方は、別の機会で詳しくお話していきたいと思います。

 

まとめ

・ネットワークビジネスで友達を誘った結果のうまくいった確率はわずか7.9%。

・ネットワークビジネスで友達が断る理由は、言いかえるとやる理由なる。

・ネットワークビジネスで断る本当の理由は、ネットワークビジネスが嫌い、あなたが嫌い、あなたの誘い方が嫌いの3つ。

・本当の断り理由を解決するには、価値観を変えるコミュニケーションスキルが必要。

・ネットワークビジネスで友達に断られないためにはインターネットを活用するのがオススメ。


無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ


短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法マニュアル
本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。