ネットワークビジネスをやっている人の特徴って何?本当なの?成功者が勧誘したい人の特徴とは?

インターネットで面白い記事を見つけました。「ネットワークビジネスをやっている人の特徴」という記事です。興味があったので読んでみたところ、思ったとおりネガティブな内容でした(泣)

 

「ネットワークビジネス 特徴」で検索して出てくるネガティブなホームページを20ほど読んでみて分かったことがあります。ネガティブなホームページに書いてあることは共通のパターンがあります。実はこれ、大げさなタイトルとネタでアクセスを集めて、アフィリエイト報酬を稼ぐ流れなのです。

 

大げさなタイトルとネタ「ネットワークビジネスをやっている人の特徴」に書いてある記事の内容は本当に正しいのでしょうか?今回は、ネットワークビジネスをやっている人の特徴の真実をお話したいと思います。

 

ネットワークビジネスの勧誘の実態と特徴

ネットワークビジネスをやっている人の特徴が正しいかどうかお話する前に、私自身がネットワークビジネスに勧誘された時のお話をします。

 

私が初めてネットワークビジネスに勧誘されたのは、私が25歳の時です。今から約20数年も前になります。それからの20数年の間に様々なネットワークビジネスに誘われてきました。もちろん、自分もネットワークビジネスをやっているので、私がネットワークビジネスに誘うこともありますが、なぜか不思議とネットワークビジネスをやっているとネットワークビジネスに誘われることも多くなるのです。

 

今までに30回くらいはネットワークビジネスに勧誘をされたことがありますが、誘い方には共通するパターンがいくつかあります。

 

久しぶりの友達から突然連絡が来ます

まず、久しぶりの友達や知り合いから突然連絡が来ます。たいていは電話かメールで連絡が来ますが、最近はFacebookで友達申請が来て承認すると数週間後にメッセンジャーから連絡がきます。

 

おそらく、未だにリストアップをしてから順番に誘っているのでしょう。ただし、従来の古いネットワークビジネスのやり方からは、少し進化しているようです。ただリストアップして順番に誘うのではなくて、リストアップしてからFacebookで友達になってからメッセンジャーで誘うという流れです。前半はインターネットを使っているのが新しいと思います。

 

ベストセラーのビジネス書を勧めてきます

久しぶりに友達に会って話していると、急にバッグから分厚い本を取り出して「これ、もう読んだ?」と言い放ちます。

 

これは、ネットワークビジネスを勧誘する時に使うツールの本なのです。古くは「7つの習慣」「チーズはどこへ消えた」「金持ち父さん 貧乏父さん」「ユダヤ人大富豪の教え」「夢を叶える象」「引きよせの法則」などなど。

 

これらの本の共通点は、自己啓発でプラス思考になれる本です。そしてネットワークビジネスが肯定的に書かれているのでネットワークビジネスの興味付けとしてはちょうどいいのです。

 

もし、その本を読んでいない場合は、すぐに貸してくれます。「いつまでに返してね。その時に感想を聞かせて」と言われます。だいたい貸出期間は1週間です。貸してもらった方は、1週間で読まなくてはならないのです。かなり興味がある内容であれば話は別ですが、人から借りた本を1週間で読むというのは、、なかなか大変なことです(汗)さらに、本を返さなくてはならないので、1週間後にもう一度会うことになります。

 

将来、年金がもらえないなど不安をあおる

この手法は数年前に流行りました。今の若い人たちは年金をもらえなくなるかもしれないという情報があります。国の借金、日本が破たんする、国債の発行、社会保障制度の破たん、年金受給年齢の引き上げなどなど、考えようによってはいくらでもマイナスに捉えることができます

 

この不安をあおるやり方は、どんな業種に横行しています。共通しているのは、不安をあおって問題意識を自覚させて、何かをセールスするという流れです。ネットワークビジネスの勧誘以外にも営業の現場では普通に行われています。特にビックリすることではありませんし、社会情勢などあまり勉強をしていない人にとってはありがたい情報とも言えます。

 

Facebookで大勢で遊んでいる写真を投稿している

私は、割と最近この方法で勧誘されました。久しぶりの友達からFacebookから友達申請がきます。もちろん友達なので承認します。しばらくはアクションがありません。その代わりなのか、たくさんの写真をアップしています。

 

しかしその写真が不自然なのです。どう不自然かというと、数百人という大勢の人数で海外旅行に行って遊んでいるのです。たいていはグアムが多いです。グアムに500人で行くって通常考えたらありえませんよね?5000人のセミナーとか、1000人のバーベキューとか、2000人で花火大会を見に行くとか、まったくありえない人数です。普通に考えてありえない人数が移っている写真が投稿されていたらネットワークビジネスの可能性が高いでしょう。

 

ネットワークビジネスをやっている人の特徴

それでは、私がネットで見つけた「ネットワークビジネスをやっている人の特徴」について解説します。主な特徴を7つにまとめました。

 

素直でまじめ

アップの教えを忠実に守っているということで「素直でまじめ」と言っておきます。時間もきちんと守ります。セミナーやトレーニングの開始時間の30分前には会場に着いています。担当や係でもないのに、セミナー会場の設営や受付を手伝ってくれます。ABCなどアポの待ち合わせ時間も遅れません。かなり早く待ち合わせ場所に到着して席を確保してくれています。参加が必須のセミナーには毎回必ず参加します。アップの教えの通りに行動しているのです。

 

かなりプラス思考

どんなことが起きてもプラス思考でいるように努力しています。これもアップの教え通りに頑張っています。ネットワークビジネスをやっていると、断られたり無視されたりと辛い出来事も起こります。そのような出来事が起きて、いちいちへこんでいたら行動が止まってしまいネットワークビジネスは続けられません。続けるためにもプラス思考になる必要があるのです。普通の人が見たら一見もの凄いマイナスな出来事でもプラスに考えるチカラを持っていますある意味で特殊能力だと思います。

 

成功者を知っている

「最近お世話になっていて尊敬している人がいる」とか「もの凄く成功している人を知っている」と言いだします。その凄い人や成功者に紹介できると言います。特に紹介して欲しいと頼んだわけではないのですが紹介したがります。たいていは、凄い人や成功者は海外を遊びまわっていて忙しいです。でも、なぜか特別に時間を取ってくれるのです。

 

夢や成功という言葉を使う

ネットワークビジネスは特にやる必要がない仕事です。普通に生活していれば、会社からの給料で生活できますし年に1度くらいの国内旅行は行けます。ネットワークビジネスは、夢や目標を叶えるための手段として価値を発揮します。普通の生活ではなくてワンランク上の生活を実現するためには良い手段かもしれません。ネットワークビジネスは、夢や目標が無ければ必要がない手段なのです。

 

ホームパーティーによく参加している

パーティーの活用は、友達や知り合いを自然な流れでネットワークビジネスに興味付けするやり方です。いろいろな種類のパーティーがあります。ホテルのスウィートルームで開催するパーティーや自宅でやる鍋パーティー、たこ焼きパーティーなどなど誰もが楽しそうに感じるイベントを開催しています。パーティーの参加者はたいていはすでにネットワークビジネスをやっている人たちだったりします。凄い人、成功者も参加していて紹介されたりします。そこでまた「夢はありますか?」など質問されたりします。

 

セミナーによく参加している

ネットワークビジネスをやっている人たちは勤勉です。とても勉強します。アップがおすすめするセミナーやトレーニングには全て参加します。移動中の電車の中でも、おすすめ図書を読んだり、ICレコーダーでセミナーを録音した音声を聞きまくっています。なぜそこまで勤勉なのか?自分がまだ成果が出ないのは、勉強不足とか行動不足と考えています。だから空いている時間は徹底的に活用して勉強するのです。

 

感謝という言葉をよく使う

斎藤ひとりさんの影響なのかわかりませんが、「感謝」とか「ありがとう」を連発しています。「ありがとう」と言えない人が増えている世の中ですから「ありがとう」と言えることは良いことだと思います。気になるのが「ありがとう」と言う言葉を使えば自然なのですが、なぜか「感謝」という言葉を使います。メールの最後にも「感謝」とか書いてあります。急にはがきを送ってきて「感謝」とか書いてあります。感謝することは素晴らしいですが、「感謝」と言って感謝の気持ちを伝えるのは少し違和感があります

 

私がネットで見つけた「ネットワークビジネスをやっている人の特徴」を、主に7つにまとめてそれぞれを解説してきましたが、あなたはこれを読んでどう思ったでしょうか?

 

ネットワークビジネスをやっている人の特徴は、実は○○する人の特徴と同じ?

私はこう思います。これら7つの特徴は、確かにネットワークビジネスをやっている人の特徴と言っても正しいです。それと同時に、成功する人の特徴でもあると考えます。私はこの7つのほとんど全て当てはまります。「感謝」という言葉はあまり使いませんが、感謝の気持ちを感じたら「ありがとう」と相手に伝えるようにしています。相手は、親でも妻でも子供でも誰にでもです。

 

素直でまじめで勤勉ということも正しいです。私の尊敬するジェーム・スキナーがモデリングについて教えてくれた時は感動しました。「時間がかかるのは、やり方を知らないだけ」この言葉は強烈です。「時間がかかる」と言っているのは、物事は全て必ず達成できることを意味しています。「やり方を知らないだけ」と言うのは、すでに成功している人の真似をしろと言っているのです。私はこう思います。今の自分にできないことがあれば、そのことですでに成功している人から学びたいと。だからネットワークビジネス関連以外のセミナーにもたくさん参加して学んでいます

 

ホームパーティーは残念ながらやっていません。気の合う仲間と一緒に飲み会とか打ち上げはたまにやっていますが、ネットワークビジネスを勧誘するためのパーティーはやっていません。なので、これはある一部のネットワークビジネスをやっている人たちのことだと思います。

 

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の特徴 

友達を作りたい人

ネットワークビジネスをやっている人は新しい出会いを求めています。新しい友達を作るために、新しい出会いがある場にたくさん参加しています。新しい友達を作りたくて、新しい出会いがあるイベントや催し物に参加すれば必然的にネットワークビジネスをやっている人と出会う確率が高くなります。お互いに新しい友達との出会いを求めているわけですから声をかけられやすいのです。

 

現状に満足していない人

ネットワークビジネスは、必ずやらなければならない仕事ではありません。普通の生活をしている分には必要がない仕事です。どんな時にネットワークビジネスが必要なのか?夢や目標を持っているけれど今のままの手段ではかなえられない人、現状の生活や収入に満足していなくて、プラスアルファの収入が欲しい人、もっと時間の自由が欲しい人。このような人にとっての1つの手段になるのがネットワークビジネスなのです。ですから、ネットワークビジネスの勧誘方法の1つに「夢は何ですか?」「現状の生活で満足していますか?」などの質問から入る場合があります。「満足していない」と答えれば、「実は私もそうだったんですけど・・・」とプレゼンテーションが始まるのです。

 

将来に対して不安を持っている人

将来に対して不安を持っている人もネットワークビジネスの勧誘されやすい人になります。日本ではバブル経済が崩壊して以来、不景気が続いています。アベノミクスも効果があったのかわかりません。消費税も上がる一方です。国の借金も増えるばかり。社会保障も破たんするのではと言われています。若い人たちは年金をもらえるのでしょうか?こんな状況が続けば、将来に対して不安を抱くのもしかたありません。このような不安を抱いている人にネットワークビジネスという手段で解決しませんか?という提案ができるのです。ネットワークビジネスからの収入は権利的な収入ですから、仮に年金がもらえなくなっても権利的な収入が毎月入ってくれば生活に困らないのです。

 

仕事の悩みを持っている人

仕事の悩みを持っている人もネットワークビジネスに勧誘されやすくなります。なぜなら仕事の悩みの大半はネットワークビジネスで解決できるからです。仕事の悩みで多いのが、人間関係、収入面、長時間労働などです。

 

ネットワークビジネスの場合、人間関係の問題はほぼありません。もし気が合わない人がいれば、一緒に活動をしなければいいですし、気が合わない人は誘わなくてもいいのです。サラリーマンであれば収入はある程度決まっています。大手柄でもたてない限り収入は増えません。ネットワークビジネスは収入に限界がありません。やればやっただけお金がもらえる仕組みになっています。ネットワークビジネスは長時間労働からも解放されます。サラリーマンのように時間や場所の拘束がありません。いつでもどこでも仕事ができます。

 

お金の悩みを抱えている人

先ほども触れましたが、収入の悩みを抱えている人はネットワークビジネスに勧誘されやすいでしょう。なぜなら、サラリーマンでは到底得られないような高額な収入を手に入れることができる可能性があるからです。私の学歴は高卒ですが、年収で2000万から3000万を頂いています。サラリーマンの世界ではまずもらえない金額です。長引く不況で、ボーナスができない、給料が下がった、旦那がリストラされた、住宅ローンが払えないなどこのような悩みを抱えている人に「まずは副業でやってみてプラスアルファの収入を稼ぎませんか?」とアプローチできるのです。

 

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の特徴ということで、5つのパターンをお話してきました。勧誘されたい人にはそれぞれ悩みがあって、その悩みを解決するための手段としてネットワークビジネスを提案しているということですね。

 

「勧誘されやすい人」という言葉を使うと、ネガティブなイメージが強いかもしれませんが「ネットワークビジネスをお誘いする」ことの、本当の意味は、悩みの解決のお手伝という意味なのです。

 

ネットワークビジネスの成功者が「お誘いしたい!」と思う人の特徴

では、実際に私がネットワークビジネスにお誘いしたい!と思う人はどんな人なのか?いままでお伝えしてきたことと共通することもありますが、わたしは、収入でも人生でも何でも構いませんが「自分を変えたい!」という気持ちを強く持っている方だったら、他のことはあまり気にせず本気でお誘いします。なぜなら、私自身が「自分を変えたい!」という気持ちを強くもっていたからです。

 

ネットワークビジネスで成功するのは、難しいことではありませんが、簡単でもありません。その中で、自分自身をどんどん変えていける。変えていきたい。と思っている、良い意味で普通ではない人と一緒にビジネスがしたいのです。

 

あなたがネットワークビジネスにお誘いしたい人の特徴は何でしょう?

では、あなたがネットワークビジネスにお誘いしたい人の特徴は何でしょう?誰でも良いですか?リストアップの順番ですか?それではお誘いするあなたも、お誘いされた相手の方も、まったく面白くありません(笑)そうですよね。理由もなくデートに誘われて嬉しいでしょうか?「あの子がダメだったから、その次のあなたを誘ってみたんだ~。」みたいな・・・そんな失礼な話があるでしょうか???なんだか、なぜか腹が立ってきました(笑)そんなことありえませんよね!

 

まずは、あなたがどんな人をお誘いしたいのか、どんな人と一緒にビジネスをやりたいのか、考えてみてください。できるだけ詳しく箇条書きにすると良いと思います。そして、そんな方と出会えたら、まずは、なぜあなたをお誘いしたいのかという理由をきちんとお伝えして、相手もネットワークビジネスに興味があれば、そこではじめて正しいビジネスの情報をお伝えしましょう

 

まとめ

・ネットワークビジネスをやっている人の特徴というページのパターンは、大げさなタイトルとネタでアクセスを集めてアフィリエイト報酬を稼いでいる

・ネットワークビジネスの勧誘の実態は、久しぶりの友達から突然連絡がくる、ベストセラーのビジネス書をすすめてくる、将来の不安をあおる、Facebookで大勢で遊んでいる写真を投稿しているなどです。

・ネットワークビジネスをやっている人の特徴は、素直でまじめ、かなりプラス思考、成功者を知っている、夢や成功という言葉を使う、ホームパーティーによく参加している、セミナーによく参加している、感謝という言葉をよく使う、などです。

・ネットで言われている「ネットワークビジネスをやっている人の特徴」は、成功する人の特徴と同じです。

・ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の特徴は、新しい友達を作りたい人、現状に満足していない人、将来に不安を持っている人、仕事の悩みを持っている人、お金の悩みを抱えている人、などです。これらの悩みを抱えてる人に対して、悩みを解決する手段の1つとしてネットワークビジネスを提案しているのです。

・ネットワークビジネスの成功者は自分を変えたい!と強く思っている人と一緒にビジネスがしたい。

・あなたがネットワークビジネスに勧誘したい人はどんな人ですか?明確にしておきましょう。


無料マニュアル : 非常識なネットワークビジネスノウハウ


短期間で3000人の組織を作り、月収100万以上を継続的に得る方法マニュアル
本マニュアルは、金なしコネなし経験なしの状態からネットワークビジネスに取り組み、

・毎月、10人以上の新規スポンサリングする方法
・月収100万円を継続的に得た方法とからくり
・リストアップの数を無限に増やし続ける方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページに渡って詳細に解説しています。ぜひ、あなたのネットワークビジネス活動にお役立てください。