トップリーダーの成功ノウハウを大公開

ネットワークビジネスの悪評をインターネットで見てしまい断わられた

金城富雄
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届きします。
詳しいプロフィールはこちら

今回いただきました質問はこちらです。

「ABCやセミナーに参加が決まった方がインターネットで検索して悪評や注意等を見たのでお断りしますと連絡してきました。このような状況での反論処理は、どのようにすればよろしいのでしょうか?」

この質問に対する私の答えは以下の通りです。

私でしたら、このように対応します。

「言いにくいところをありがとうございます。(←お礼)
私も以前ネットで同じようにビジネスについての悪い話をたくさん見て
○○さんと同じように感じました。
ですので、お気持ちはよくわかります。(←共感)」

「○○さんはネットの情報はすべて正しいと感じていらっしゃいますか?」

「私は、○○さんを無理にビジネスにお誘いするつもりはありません。
その点は安心してください。」

「ですが、ネットの情報とご自分が感じたことと、どちらが正しいのか
ぜひ、ご自身の目と耳で確認してみて欲しいというのが、私の本音です。」

「その上で、○○さんが、やはりよくないビジネスだと判断されるのであれば
そう言ってください。
私は、それ以上、お誘いしません。」
——
ざっと、このような流れです。今後は、相手の方がインターネットで悪い情報を調べる前に、先手を打ったほうがいいかもしれません。

以下は、先手を打つ場合の具体的な伝え方です。
——
「今は、みなさんインターネットで何でも調べる時代です。
おそらく、○○さんもネットワークビジネスについて調べるかもしれません。」

「最初にお伝えしておきますが、インターネットではネットワークビジネスについて
とにかく悪いことしか書いてありません。
インターネットを見るのは構いませんが、そのことを理解した上で見てくださいね。」

「ですが、反対に、このビジネスが悪く見られているからこそ、チャンスがあるとも言えます。
みんながこのビジネスの可能性に気がついてしまったら、どうでしょう?
わかりますよね。チャンスが無くなってしまいます。」
——

このように伝えます。ポイントは、事前に伝えておくのと、伝えないのとでは、相手の受け取り方は、まったく違います。

インターネット以外に、家族や親友の大反対も、よくありがちです。こちらも、同じように、先にお伝えしておくとよいと思います。

このコミュニケーションについて、詳しくは以下の「ネットワークビジネスで成功するプレゼンテーションの5ステップ」をご覧ください。
http://www.nb-labo.com/5step/

今回の質問に対する私の答えは以上です。

あなたも、ネットワークビジネスに関しての質問がありましたら、何でもお気軽に質問してください。

回答は、こちらのブログでも答えていきます。質問は以下のページよりお願いします。匿名やニックネームでも質問することができます。

質問フォーム

 

【無料マニュアル】
非常識なネットワークビジネス成功ノウハウ
短期間で3000人の組織を作り、毎月100万以上を得る方法



もし、あなたが今ネットワークビジネスで伸び悩んでいましたらこのマニュアルをお読みください。なぜならこのマニュアルには、

  • 毎月10人以上をスポンサーする方法
  • 月収100万円を継続的に得た方法
  • リストアップを無限に増やす方法
  • ビジネスがやりたいと言われる伝え方
  • インターネット・SNSの集客方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページでわかりやすく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届きします。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ネットワークビジネス成功者の告白 , 2018 All Rights Reserved.