トップリーダーの成功ノウハウを大公開

ネットワークビジネスの「かけもち」は、成功者が語る「4つの理由」を聞いてからでも遅くない!

金城富雄
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

ネットワークビジネスを十数年もやっていると、ダウンラインの方たちからいろいろな相談を受けます。その中で少数ですが、こんな相談があります。「他のネットワークビジネスとの掛け持ちはダメなんですか?」

 

私が直接スポンサリング活動をしていた時も、ネットワークビジネスを掛け持ちしている人とよく会いました。ネットワークビジネスを掛け持ちすることは本当のところどうなのでしょうか?

 

今回は、ネットワークビジネスの掛け持ちについてお話していきたいと思います。

 

ネットワークビジネス掛け持ちとネットで調べてみると

「ネットワークビジネス 掛け持ち」で検索してみると、検索結果の上位に表示されているページのほとんどが同じことが書いてありました。

 

ネットワークビジネスの掛け持ちは良くない

もっと簡単に稼げるネットワークビジネスがある

他のネットワークビジネスへの勧誘

 

ほとんどこの流れです。ネットワークビジネスの掛け持ちについて真剣に調べている人にとっては不要の情報が多いことになります。しかも、私がそれらのページの文章に目を通したところ、間違った情報もありました。

 

間違った情報をたくさんのページで公開しているのです。間違った情報をホームページで公開しているというのは、情報の裏付けを取っていない証拠です。自分たちにとって都合の良いように情報を捻じ曲げています。

 

後ほど間違った情報についてもお話していきます。

 

ネットワークビジネスを掛け持ちする理由とは?

ネットワークビジネスを掛け持ちしている人、または掛け持ちしようとしている人にその理由を聞いてみました。人によって様々な理由がありました。

 

例えば、最初に1つのネットワークビジネスをやっていたけれどあまりうまくいかずに苦戦している時に、2つ目のネットワークビジネスの情報をもらった。2つ目のネットワークビジネスに魅力を感じてサインアップしたが、1つ目のネットワークビジネスも捨てがたい。商材のジャンルがかぶっていないので、ズルズルと掛け持ち状態のまま続けてしまっている。

 

たいていはこのような理由でネットワークビジネスを掛け持ちする人が多いと思います。問題は、ネットワークビジネスを掛け持ちすることによって、成功に近づけるかどうかです。私の経験からお話すると、ネットワークビジネスの掛け持ちは成功から遠ざかります。

 

なので、掛け持ちはお勧めしていません。

 

なぜ、ネットワークビジネスの掛け持ちがダメなのか?

それでは、私がネットワークビジネスの掛け持ちについてどう思うかについてお話します。ダウンラインの人たちからネットワークビジネスの掛け持ちの相談を受けると私は「止めたほうがいいですよ」と反対します。

 

私がネットワークビジネスの掛け持ちを反対する理由は4つです。ネットワークビジネス会社の規約、時間、人脈、信頼です。詳しく説明します。

 

規約

まず規約的にはどうなのか?ここを確認しなくてはなりません。私がネットで「ネットワークビジネス掛け持ち」というキーワードで調べた時に上位に表示されたページ約20ページを読んでみたところ、ネットワークビジネスの会社では明確な禁止はうたっていないとありました。

 

これは間違いです。私が知っている大手のネットワークビジネスでは掛け持ちを禁止はしていないものの、かなり厳しいペナルティを課しています。ネットワークビジネスの掛け持ちがバレると、報酬の大部分がカットされます。

 

このようなことを知らずにネットワークビジネスの掛け持ちをやる人が多い気がします。掛け持ちしている両方のネットワークビジネスから、まだ収入が得られていなければ良いのですが、ある程度の収入を得ている人は要注意です。きちんと規約を確認しましょう。

 

時間

ネットワークビジネスを掛け持ちする場合、よほど時間に余裕がある人でなければ上手くいかないでしょう。

 

仮にネットワークビジネスを副業のアルバイトと仮定しましょう。本業の昼間の仕事が終わってからアルバイトを2つ掛け持ちしています。AコンビニとBコンビニだとしましょう。当然時間には限りがあります。月水金はAコンビニでアルバイト、火木土はBコンビニと、かけられる時間が分散します。

 

また、私が今まで見てきた中でネットワークビジネスをスタートした時期に、時間に余裕がある人は一人もいませんでした。ネットワークビジネスはスタートした時期はとても忙しいビジネスです。その忙しい時期に2つも同時に進めることなんてできないのです。

 

人脈

ネットワークビジネスを掛け持ちする人は、人脈の問題にも直面します。私の経験ですが、ネットワークビジネスで成功するためには、今までの知り合いをリストアップしたリストの人たちだけでは、圧倒的に数が足りません。成約率なども絡んできますが、100人や200人のリストアップでは1つのネットワークビジネスの成功もできないでしょう。

 

仮に300人のリストアップがあれば、1つのネットワークビジネスである程度収入が得られるとしましょう。2つのネットワークビジネスであれば、2倍の600人です。600人のリストアップがある人なんてそういないと思います。

 

時間と同じで、人脈も分散しては成果を出しにくくなってしまうのです。

 

信頼

リストアップの人脈が足りないので、同じ人たちに2つのネットワークビジネスを提案したとしましょう。勧誘された側の立場に立って考えてみるとどうなるか?

 

「この前は、Aというビジネスチャンスを、今度はBと言うビジネスチャンスの話か」

「この人、本当はうまくいっていないんじゃないのか?」

「来週は、Cというビジネスチャンスを持ってくるのかな?」

 

いかがでしょうか?このように相手に思われていてはネットワークビジネスの情報が正確に伝わるわけがありません。こんなことが続けば、相手からの信頼も失ってしまいます。

 

さらに、それぞれのネットワークビジネスでグループが拡大してくると、フォローしなければならないダウンもどんどん増えてきます。ABCだけでなく、個別のミーティングなど・・・どうでしょう?2つを掛け持ちしてうまくいくでしょうか?

 

ネットワークビジネスをかけもちしたい、本当の理由

本人も気がついていないかもしれませんが、掛け持ちをしたい本当の理由は、2つのネットワークビジネスのうち、どちらにも魅力を感じるというより、どちらにも絞れない。腹が決まっていないのかもしれません。単純に考えて、ネットワークビジネスの仕組み上、100人と100人のグループを2つ持っているより、200人のグループを1つ持っている方が、収入は圧倒的に高いでしょう。

 

簡単にわかることです。それをごちゃごちゃ言うのは、ネットワークビジネスで成功したい!成功する!ということに不安がある。それに尽きると思います。

 

本当にネットワークビジネスの掛け持ちをしたいなら・・・

これらの理由で、私はネットワークビジネスの掛け持ちするのは辞めたほうがいいとアドバイスしています。まずは、1つのネットワークビジネスに、自分の時間や人脈、労力を集中して成果を出して下さい。

 

1つのネットワークビジネスからある程度の収入が得られるようになったら、その先は規約に気をつけて他のネットワークビジネスをやるもよし、まったく違うビジネスに取り組んでもよいかと思います。私の場合は、まったく違うビジネスを始めました。

 

まとめ

・ネットワークビジネスの掛け持ちについてネットで調べても役に立つ情報はほとんどない。

・ネットワークビジネスを掛け持ちする人の理由は、損切りができない、1つのビジネスチャンスを信用できないなど。

・ネットワークビジネスの掛け持ちがダメな理由は、規約、時間、人脈、信頼。

・ネットワークビジネスの掛け持ちを、規約で厳しく制限している会社があるので要注意です。

・ネットワークビジネスを掛け持ちするほど、時間や人脈に余裕がある人はほとんどいません。

・ネットワークビジネスを転々としていると、信頼を失いかねません。

 

【無料マニュアル】
【保存版】ネットワークビジネスの教科書(93ページ)
人脈ゼロ経験なしでも1年6ヶ月で月収100万を得た方法



もし、あなたが今ネットワークビジネスで伸び悩んでいましたらこのマニュアルをお読みください。なぜならこのマニュアルには、

  • 毎月10人以上をスポンサーする方法
  • 月収100万円を継続的に得た方法
  • リストアップを無限に増やす方法
  • ビジネスがやりたいと言われる伝え方
  • インターネット・SNSの集客方法

など、ネットワークビジネスの新常識と具体的なノウハウを全93ページでわかりやすく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
金城富雄
ネットワークビジネス成功コーチの金城富雄です。全てのディストリビューターの成功のために価値ある情報とノウハウをお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ネットワークビジネス成功者の告白 , 2016 All Rights Reserved.